Voice香陵住販株式会社様

「目先のことにとらわれず、長期的な視点に立って賃貸経営を考えられている方なので、私たちも腰を据えて賃貸管理に取り組めます。」

香陵住販株式会社 駅南支店店長 鳥居孝男氏

香陵住販株式会社 駅南支店店長 鳥居孝男氏(左)

香陵住販株式会社 駅南支店

茨城県13店舗、東京都2拠点のネットワークで、不動産の売買・賃貸・仲介、賃貸物件の管理、不動産有効利用に関する企画、マンション等の開発・分譲などを行う。
売買仲介売上5億2千万円、賃貸仲介売上3億2千万円(平成24年度)、管理戸数約9,600戸(平成25年4月現在)
水戸駅南口から徒歩8分、駅前大通り沿いで営業。

「初めてゴールドスワンさんと取引しました。物件は茨城県内の中古賃貸マンション(RC造4階建て24戸)です」
ー 香陵住販 駅南支店では、今回ゴールドスワンキャピタルとどのような取引をしましたか。
当店では今回、茨城県内の1棟もの収益物件を、ゴールドスワンさんに仲介しました。
物件は、鉄筋コンクリート造4階建て24戸のマンションです。ある会社の社員寮として使われていました。
ー これまでに、ゴールドスワンキャピタルと取引したことがありましたか。
いいえ。今回がゴールドスワンさんとの初めての取引でした。
「先に手を上げた方が、銀行の融資を受けられずにいました」
「ここ1年で、物件買取のDMを送ってくる不動産会社が急に増えました」 (鳥居店長)
ー どのようなきっかけで、今回初めてゴールドスワンキャピタルに物件を紹介しましたか。
この物件を購入される方を探していた時、たまたまゴールドスワンさんからファックスDMが届いたのがきっかけでした。
実はこの4階建てマンションには、先に購入の意志を表明されていた方がいました。
この方が銀行に融資を申し込まれて、銀行の返事を待っている状況でした。
私たちも良い返事を待っていたのですが、いつまで経っても、融資が下りる気配がありません。
しかたなく買い手を探し直すことにしたちょうどその日の朝に、「5000万円~5億円くらいの1棟ものアパート・マンションを探しています」というゴールドスワンさんのDMが、ファックスされてきたのです。
それで思い切って、ゴールドスワンさんにこの物件を紹介してみることにしました。

「お付き合いのない会社と取引するのは、やっぱり怖いです」
ー 物件買取のDMは、他の不動産会社からもよく来るのですか。
「物件を紹介してください」というDMは、他の不動産会社からもよく来ています。
ここ1年で、DMを送ってくる不動産会社が急に増えました。
ただ、DMを見て新規の会社に物件を紹介することは、めったにありません。
初めての会社と取引するのは、やっぱり怖いですから。
特に、当社で管理する物件に関しては、できるだけ「当社と良好な関係を保てる」と確信できる方に、オーナーになっていただきたいです。ですので、物件の売りが出た時は、すでにお付き合いのある方に優先的に声をかけさせていただいています。
「社長の顔写真入りファックスは、正直どうかと思っていました(笑)。ただ、顔が見える安心感はありました」
ー ゴールドスワンキャピタルからのファックスDMの印象はいかがでしたか。
DMに社長の顔写真が入っているのは、正直どうかと思っていました(笑)。
ただこれも紙一重で、社長の顔が見えることで、どんな方がやっている会社なのかわかる安心感もありました。
顔が見えて安心できたおかけで、初めての取引にも踏み切りやすかったという面は、たしかにありました。
「物件情報をファックスすると『今から行きます』。その日のうちに一緒に物件を見て、帰りには買付証明書をもらいました」
「周辺の環境まで実際に見て回られるのには感心ました」
ー 物件情報を紹介した後、ゴールドスワンキャピタルの反応はいかがでしたか。
反応は速かったです。
初めてお電話させていただいて、物件情報をファックスすると、すぐに「今から行きます」と電話がありました。
その日のうちに最寄り駅で待ち合わせて、一緒に物件を見に行き、中をひと通りご案内しました。
周辺の施設や環境なども、車で一緒に見て回りました。
お帰りになる時には、もう購入を決断されたんですよ。
捺印した買付証明書を、その場でいただきました。
「今度いい物件が出たら、またゴールドスワンさんに紹介しよう」って、そのとき思いましたね。

「『この会社となら安心して取引できる』と思いました」
ー なぜ、「また物件をゴールドスワンキャピタルに紹介しよう」と思われたのですか。


これだけスピーディーに物件の購入を決断して、買付証明書まで出せる不動産会社さんは、なかなか他になかったからです。
ほとんどの不動産会社さんは、購入を決断されるまでに2~3日タイムラグがあります。その場では口頭で「押さえといて」と言うだけで、あとはせいぜいファックスです。紙の証拠がない状態で待たされるので、私たちも不安です。
「決断が速い人は、仕事もできる」とも思いました。
実際に顔を合わせて、物件を一緒に見てくれたのも、安心できました。
他の不動産会社さんは、電話やメールやファックスだけで取引を済ませるのが普通です。直接お会いしないと、「この人となら安心して取引できる」という信頼感は、なかなか湧きません。
周辺環境まで実際に見て回られるところにも、他の不動産会社さんにはない「地方不動産投資への本気度」を感じました。
「銀行の融資は約10日で下りました」
ー ゴールドスワンキャピタルに物件を売却した後で、何か印象に残ったことがあれば教えてください。
銀行の融資は、ゴールドスワンさんが買い付けを出されて、約10日後には下りたとのことです。
「モデルルームに生活小物まで取り揃える徹底ぶりに驚きました」
「モデルルームを設定する際は、見学にいらした方に、その部屋での楽しい生活を思い描いていただけるように心がけています」(ゴールドスワンキャピタル 塚本)
ー この物件の購入意思を先に表明されていた方は、融資をなかなか受けられなかったとのことでした。ゴールドスワンキャピタルが購入意思を表明してから、融資が下りるまでにどれぐらいかかりましたか。
入居率を上げる工夫で、「ここまでするんだ!」と驚かされたことが一つありました。
この物件は、ある会社の社員寮として使われていました。このため、売却された時点では、「賃貸契約で入居されている方がゼロ」という状況でした。
そこで、短期間で入居率を上げるため、モデルルームを設定しました。
モデルルームは、私たちとゴールドスワンさんで協力して準備しました。
それまで私たちは、賃貸物件のモデルルームといえば、きれいに清掃する程度のことしかしていませんでした。
ゴールドスワンさんは、モデルルームを準備するにあたり、インテリアデザインなどを担当されている女性社員の方を派遣してこられました。
ゴールドスワンキャピタルの女性社員の方は、ほぼ丸一日かけ、テーブルやソファなどの家具はもちろん、電気スタンドなどの家電製品から、食器、調理器具、タオル、足拭きマットなどの生活小物まで配置し、そこで生活するイメージがありありと浮かぶモデルルームにされました。
満室経営のための労を惜しまないあの姿勢には、私たちも学ばせていただきました。

「オーナーさんが目先にとらわれない方なので、私たちも腰を据えて賃貸管理に取り組めます」
ー 物件の新オーナーになったゴールドスワンキャピタルの会員投資家について、印象に残ったことがあれば教えてください。
新オーナーになったゴールドスワンキャピタルの会員投資家の方は、非常に聡明な方です。
東京で有名商社に勤務されている方だそうです。
私は嘘が言えない人間なので、オーナーさんに我慢していただかなければならない提案もさせていただくのですが、新オーナーの方は、私の提案をしっかりと理解して、必要な設備投資はためらうことなくしてくださいます。ご自身のお考えも、しっかり返してくださいます。
目先のことにとらわれず、長期的な視点に立って賃貸経営を考えられている方なので、私たちも腰を据えて賃貸管理に取り組めます。
全部を管理会社任せにするのではなく、「自分でやるべきことは自分でやる」、「管理会社と一緒に物ごとを決めていく」というスタンスで接していただけるのも、ありがたいです。
「1棟もの中古マンション・アパートが持ち込まれるのは年に20~30件。またいい物件が出たら真っ先に紹介します」
ー 参考までに、こうした1棟もの中古マンション・アパートの売却案件は、年に何件ぐらい持ち込まれますか。
年に20~30件は持ち込まれます。内約半分が自社物件、残り半分が他社さんの紹介物件です。
ー 最後に、ゴールドスワンキャピタルへのご期待があればお聞かせください。
ゴールドスワンさんとは、これからもいいお付き合いを長く続けていきたいと考えています。
またいい物件が出たら真っ先に紹介します。 今後もよろしくお願いします。